DPAサプリメント人気おすすめはマンボウ肝油

 

 

DHAとEPAはよく耳にすると思いますが、DPAは聞いたことがありますか。DPAはドコサペンタ塩酸といい、DHA・EPAと同じオメガ3系脂肪酸です。

 

 

 

健康を保つためには野菜や果物などを豊富に食べるのがよいといわれています。しかし、野菜や果物をほとんど食べないのにエスキモーは健康的です。その秘密がDPAです。

 

 

 

エスキモーは主に獣肉を食べています。主食としているのがアザラシの肉でアザラシにはDHA・EPA・DPAが豊富に含まれています。アザラシを食べているからコレステロール値や血中脂質が正常といわれています。

 

 

 

DPAには血液がサラサラになる働きがあります。DPAの血液がサラサラになる働きはEPAの10倍です。EPAのパワーをさらに高める効果もあります。

 

 

 

DHAとEPAは青魚に多く含まれていますが、DPAは青魚にほとんど含まれていません。魚油に占める割合は、イワシはDHA20,6%、EPA10,3%も含まれますが、DPAはわずか2,3%です。

 

 

 

アザラシの肉は食べる機会がないですが、DPAサプリメントなら手軽に摂取できます。DPAサプリメントでおすすめはのはハピネスマンボウサンQです。

 

 

 

ハピネスマンボウサンQはマンボウ肝油を使用しています。マンボウのDPA含有量は9、6%、アザラシの4,8%よりも多いです。アザラシよりも優れたDPA摂取源です。

 

 

 

日本ではマンボウの捕獲は行われていません。マンボウは他の魚と一緒に網にかかったときに獲れます。500kg以上のマンボウから採れる肝油はわずか1L程度です。とても貴重な油で安定して調達できないので、マンボウ肝油を使用したサプリメントを販売している会社は少ないです。

 

 

 

マンボウ肝油は液体ですが、ハピネスマンボウサンQはカプセルに閉じ込めているので臭いや味を気にすることなく飲めます。噛むと液体がでてきて臭いが気になるかもしれません。水やお湯と一緒に噛まずに飲みます。

 

 

 

続けることで血液サラサラ、コレステロール値の改善などをサポートします。