DHAとEPAの違いについて

 

最近、生活習慣病の予防にDHAとEPAという栄養成分がいいと言われています。どちらも青魚に豊富に含まれている成分で、必須脂肪酸の一つです。

 

名前も似ているし混同されがちなこの2つですが、身体に与える作用は別物です。簡単に言うと、DHAは脳に良い成分でEPAは血液に良い成分という違いがあります。

 

もう少し、それぞれの栄養素を詳しく説明します。EPAは血行をよくし、中性脂肪や悪玉コレステロールを減らすという効果があるそうです。さらに善玉コレステロールを増加してくれる効果があるということ。よく、青魚を食べると血栓予防になるとか、コレステロール値が下がるとか言われているのはこのEPAのおかげということになります。

 

そして、DHAは血液をサラサラにする効果があり、めぐりを良くしてくれるということです。脳の働きや目の網膜を活性化するとも言われており、受験生や学生などがDHAを摂取したほうがいいというのはそういう効果を期待してということです。動脈硬化や認知症の予防、アトピーの改善、うつ病の改善など、さまざまな面で健康にいいとされています。

 

そんなDHAやEPAですが、推奨されている摂取量は一日に1g以上ということ。ただ、現在の日本人は平均400mgほどしか摂取できていないということなんです。以前は魚中心の食生活だったはずなので摂取できていたのでしょうが、食事の欧米化やインスタント食品の普及、生活習慣の乱れなどにより、減ってしまったのでしょうかね。

 

ちなみに、DHAを1g摂取するためには、さんま1匹、マグロの中トロ5切れ程度で大丈夫とのこと。食べられない量ではないですが、毎日欠かさずとなると摂取できない日も出てきそうですね。最近では、DHAやEPAを積極的に摂取したいという人の間でサプリメントなどの人気があるようですよ。

 

DHAやEPAを多く含む魚には、はまちやぶり、さんま、いわし、きんき、まぐろ、鮭などがあります。日常的によく食べる魚ではありますが、最近の洋風な食生活ではなかなか食卓に上がらなくなった物も多いですね。洋風の魚料理などを、メニューを工夫して取り入れたいものです。

 

 

今なら特別モニター1980円でお試しできます!

 

最新!!効果NO,1のDHA&EPAサプリメント

詳細はここから